子連れ出勤もOK!給料アップに残業なしで転職してよかった

看護師で働く人の70%以上が転職を経験していると言われています。一般的な会社員の転職経験は、全体の約50%。比較しても、看護師の転職の割合は、高いことがわかります。
ではなぜ、ここまで転職したいと思う人がいるのでしょうか?
それは看護師という専門的な職業、看護師を取り巻く環境にあります。
看護師という仕事は、人の命に係わる大事な仕事です。一つのミスが、患者さんの命に係わることもあるため、日々の業務は気が抜けません。緊張感の中で日々働いています。
病気で苦しむ患者さん、ときには 亡くなってしまう患者さん、治療や入院のストレスの矛先を看護師に向けられることも。看護の仕事は、やりがいもあるけど、大変なんです。
そして女性ばかりの職場です。人間関係のトラブルがないわけがない!
お給料はいいけど、残業が多いということも良く聞かれます。

そのため、抱える悩みも多く、悩みが解決されないまま鬱などの病気になってしまう人もいます。
こういった環境で悩みを抱える看護師が、もっと働きやすい職場を求めて転職をするということが多いんですね。
看護師不足で求人はたくさん出ています。転職はしやすいですね。自分に合った職場を見つけるために看護師は転職をするんです。

転職しても、また同じような職場環境で、悩みが解決されることがないよう、みんな必死なんです。
ここに転職経験者からの転職成功体験談を公開していきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
看護師歴5年。現在、産婦人科勤務をしています。現在に至るで呼吸器など勤務もしてきました。呼吸器では残業が多く、大きな病院で人間関係も悪く、それなのに給料が安かったので、退職をしました。その後、産婦人科で働き始めましたが、以前の病院と全く異なり職員人数は少ないのに、残業はなく、お仕事の負担もそれほどなく、人間関係も良好、給料は倍になりプラスになることばかりで、楽しく勤めることができています。

子連れ出勤しても良い

託児所は無く、産婦人科に関しては小さな子どもがいる方は採用しない形をとっている所もありました。現在の産婦人科は託児所はないですが、お子さんを連れてきてもOKで、休憩室やスタジオジムで時間を過ごせることができます。

古い寮から家賃の支給へ

呼吸器では、病院の敷地内に1カ所(女子寮)、敷地外で病院まで徒歩2分に1カ所(男子寮)、敷地外で病院まで車で15分のところに温泉付き寮が1カ所(男女共同)と3カ所の寮があり1か月2万円で光熱費無料の寮がありましたが1Rで綺麗とは言い難い寮でした。
産婦人科に関しては寮はないですが、アパートは規定の金額までなら全額支給、それ以上のアパートは半額支給でした。すごく助かっています。

福利厚生

ディズニーリゾート割引やジムの割引など、割引系が多くありましたが、実際休みも少なく時間がないので、利用することは無かった..と言うよりできませんでした。

転職して給料が倍に!

交通費全額支給、アパート代全額支給、危険手当、お産手当等がありました。この手当てがあることで、給料にも差がでてくるので、諸手当が充実していると魅力を感じます。
おかげで転職の給料は倍になりました!
実際に、就職時に福利厚生の部分をしっかり見ることはなく、給料・勤務体系・休日日数・オンコールの有無などを見て検討することが多かったため、福利厚生は転職の決め手にはなりませんでした。

できるだけ働きやすく、自分に合った職場

仕事上、女性が多く、他職種との関わりが多い職場です。私のように人間関係が悪い職場や、残業が多くプライベートな時間が少なくなってしまったりする職場もあります。そんな職場から、抜け出したいと思ったら、ずっとかマンして悩んでいても、解決には至りません。思い切って職場を変えてみることも必要です。